読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡在住大学生ローガンの学生貧乏旅行記。

新たな冒険を求めるあなたにおくるブログです。。

福岡、九州でおすすめのラーメンは!?北九州ラーメン選手権2017で実際に食べたおすすめのラーメン屋。

ラーメン選手権で食べた福岡や九州に来て食べるべきラーメン!

f:id:eigaburogu:20170320132445j:plain

 

みなさん福岡といえばラーメンですよね?

先日北九州ラーメン選手権にいってきました!そこで食べたラーメンの紹介とそのお店の紹介をしていきます。。

 

1.若松ラーメン馬賊  もつニラそば 

 

f:id:eigaburogu:20170320124027j:plain

北九州市若松区にある馬賊のもつニラそば。

福岡は圧倒的に豚骨ラーメンが多い中で、異彩を放っている至極の一杯。

 

福岡の特産品「もつ」をふんだんに使い、その味がスープにも染み渡る。

そこにアクセントを加えるにらと唐辛子。

 

一口すすった瞬間に今まで味わったことのない肉汁のうまみとにらの風味。適度な辛さ。

いわばもつ鍋の締めラーメンの最強版。福岡に来た際はぜひご賞味あれ。

Google マップ (馬賊の地図)

 

2.麵屋 心 SHIN     イベント限定 地鶏塩ラーメン

f:id:eigaburogu:20170320130004j:plain

福岡県鞍手町に店を構える、麵屋心SHINのイベント限定ラーメン。

この地鶏塩ラーメンは昔小倉の支店で提供されていた超人気ラーメンだそう。

 

チャーシューは地鶏でかみごたえ十分。入ってる具材はほかにもねぎ、きくらげなどシャキシャキしたもので一口すすると口の中は食感のオンパレード。

 

スープもだしのしっかりとれたあっさり塩ラーメン。他との違いを存分に出していた。

これは本店のラーメンも絶対に期待できる!と断言できるほどの完成度だった。

Google マップ(心SHINの地図)

 

3.拓味亭 にんにく塩豚骨ラーメン 

f:id:eigaburogu:20170320131528j:plain

福岡県小倉市にある拓味亭の「にんにく塩豚骨ラーメン」。”塩豚骨”という言葉は初めて耳にしたが、口に入れたとたんにその言葉を理解。

 

普通の豚骨より少し塩っ気が強く、味が一段と締まっていた。

 

そして注目はトッピングの焦がしニンニクだ。にんにく本来のにおいと焦がしの香ばしさが塩豚骨スープに絶妙なアクセントを加える。

 

このラーメンは店でも販売されているのでぜひご賞味を。

Google マップ(拓味亭の地図)

 

4.博多担々麺新田屋梟 博多担々麺

f:id:eigaburogu:20170320133111j:plain

北九州の平和通駅周辺にある博多有数の担々麺専門店、博多担々麺新田屋梟の担々麺。

 

辛いがそれを忘れさせるほどのうまみのあるスープ。そしてもやし、ぶつ切りのねぎが面と絡み合い奏でる絶妙なハーモニー。

 

麺が太いので具材と絡みやすいので麺を食べ終わるころには具材もすべてなくなる。考え抜かれた最高の一杯。

Google マップ(新田屋梟の地図)

 

5.麺処 大津屋 ブラックラーメン

f:id:eigaburogu:20170320143010j:plain

山口県下関市にある麵処大津屋のブラックラーメン。

 

京都の醤油と下関の醤油と数種類のスパイスを混合した特性醤油だれをもとに作られたスープはまさに濃厚醤油スープ。

 

醤油ラーメンなのであっさりしているかと思いきや背油をトッピングに使用することで適度なこってり度。

 

麺は細麺だがこしがあり、かみごたえ十分。メンマがさらにアクセントを加えさらに楽しみを増やす一杯。

Google マップ(麵処大津屋の地図)

 

 

今回北九州ラーメン選手権に足を運んだことで、豚骨しか福岡にはないという僕の先入観は一気に吹き飛んだ。

どの店舗もほかとの違いを出す工夫がなされており、改めてラーメンという同じ料理でも奥が深いと実感させられた一日となりました!!

 

[ホテル、ツアーの予約はこちらから]

じゃらんnet